積み木

お店を持つのが夢なら賃貸併用住宅を建てよう

つみき

独自工法の家を買う

注文住宅は買主が建設過程に参加しますので、物件に関する知識を身に付けることが必要です。プランを提案しても建設できないこともあり、会社のパンフレットを見て情報を集めることが最適です。特定の趣味にこだわることが可能で、埼玉県で住みやすい住宅を建てることが可能です。

自宅で賢くアパート経営

男性

ローンの負担を軽減

アパート経営は安定度の高い不動産投資として、また副収入を得る手段として人気がありますが、経営を始めるに当たっては当然ながら多額の資金が必要になります。多くの人はアパートローンを利用して資金調達を行いますが、アパートローンは金利が高く、返済はかなりの負担となります。さらに自宅のローンも重なるようなことがあれば、大きな重荷となります。ところが最近、この負担を軽減できるある方法が、画期的であるとして注目を集めています。それが賃貸併用住宅です。賃貸併用住宅は、自宅の一部が賃貸住宅として利用できるよう設計された住宅です。大型マンションタイプ、貸間タイプなどいろいろな種類がありますが、人気があるのは自宅に数戸のアパートが併設されたタイプです。

税金面でも何かと有利

アパートタイプの賃貸併用住宅が人気なのは、資金面で大きなメリットがあるからです。賃貸併用住宅を建設する際、賃貸住宅として利用する部分が全体の49パーセント以下であれば、住宅全体の費用をアパートローンより低金利の一般住宅ローンで調達することができます。これは家計への負担を軽くするだけでなく、アパート経営を成功させる大きなポイントである家賃設定についても、通常のアパート物件より有利になります。そして当然、毎月の家賃収入はローンの返済に充てることができます。月給等の本業の収入だけで返済を続けるよりもずっと楽になります。さらに、給与所得者であればアパート経営に係るさまざまな経費を損益通算することが可能になり、節税効果も得られます。

家

戸建てをお勧めする理由

茨木市での住まいには、ローン完済後の支払いが固定資産税のみとなる一戸建てがお勧めです。マンションはローンが終わっても管理費や積立金などの費用がかかるので住み続けている限り少なくはない出費が発生します。そして、一戸建ては土地も得られるので増改築、建て替えなどを自由に行うことが出来ます。

部屋

住み心地の良さ

人気の街「茅ヶ崎」は川周辺はやや地盤が弱いので、土地を購入するときは、地盤がしっかりとしているか確認しておくべきだ。家を建ててからトラブルにならないために、事前に境界線をはっきりさせておくことも重要である。